中1学年が「3L希望学」で「河川調査」を行いました

2017年05月31日

 本校では、「3L希望学」の一環として「持続可能な開発のための教育:ESD」を行っています。中1学年では、5月29日(月)1~4校時梅田川において「河川調査」を行いました。川の環境の状態や、どのような「指標生物」がいるのかを調べ、水生生物調査結果をワークシートにまとめました。今後、調査結果をスライドにまとめ、発表会を開催する予定です。実施要領は以下の通りです。

目的:①河川やそこに住む水生生物に肌で触れ、自然に親しみ、自然から学ぶ態度を養う。
   ②身近な河川の水質調査やゴミの現状を理解する。
   ③現地調査の結果をふまえて、自分たちにできることについて考える。

〔当日の流れ〕
8:50~ 9:00 着替え・正門前に集合
9:15~ 9:40 移動
9:40~11:10 調査(水の採取、水生生物の調査、ゴミ拾い)
11:10~11:35 移動
11:35~12:40 ゴミのまとめ、撮影
着替え・教室でまとめ
13:20~15:10 研究発表ガイダンス、まとめ

170531-4_1.jpg 170531-4_2.jpg 170531-4_3.jpg
170531-4_4.jpg 170531-4_5.jpg 170531-4_6.jpg
170531-4_7.jpg 170531-4_8.jpg