東北学院中学校・高等学校

グローバル教育

持続可能な開発のための教育 (Education for Sustainable Development:ESD)

本校ではグローバル教育の一環として、「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development:ESD)」に取り組んでいます。「今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。」(日本ユネスコ国内委員会HPより)

具体的には以下のような取り組みを行っています。

【1】総合的な学習の時間

(1)「3L希望学」(中学校・高校各週1時間)

平成29年度中学校・高校入学生より、以下のような内容で実施しています。

中学校 1年 2年 3年
テーマ 「共に生きる」 「働くことについて考える」 「異文化から学ぶ」
目標
  • 学校周辺の環境保全活動を通して、自然環境に対する理解を深める。
  • 岩手研修とその事前・事後学習を通して、自分たちの住む東北では自然環境がどのように守られてきているのかについて考える。
  • 国内・外の様々な職業事情について学び、今日の社会が抱える様々な問題を理解する。
  • 職場体験を通して、社会の一員としての自覚を高め、働くことの意義を学ぶ。
  • シンガポール研修に向けた事前・事後学習に取り組むことで尊重する態度を養う。
  • 各自の関心に応じてテーマを設定し、研究を進め、発表する。
内容
  • 環境学習
  • 地域理解学習
  • 職業学習
  • 職場体験
  • 異文化理解学習
  • 卒業研究
高等学校 1年 2年 3年
テーマ 「社会理解」 「社会研究」 「自己実現」
目標
  • 格差や貧困など、世界的な問題に目を向け、国際社会について理解を深める。
  • 外部講師の講話などを通して、職業や進学先について学び、目標に向かって自己の能力を伸長させる。
  • 過去の戦争体験について学び、現代に生きる自分たちが平和の実現のためにできることを考える。
  • 自分の適性・専門性を社会の中で活かす道を考え、どのような世界を築いてゆくかに思いを馳せる。
  • それぞれの興味・関心に応じた自己表現の手段を研究し、希望進路の実現に向け継続的・協働的に努力する。
  • 将来のビジョンを実現するために必要な能力・人間性を種々の活動を通して養い、学内外に向けて表現する。
内容
  • 国際理解学習
  • 職業研究
  • 平和学習
  • 進路研究
  • 進路研究
  • 課題研究

(2)「国際教養」(中学校週1時間)

① 英会話
日本人教師と外国語指導助手(ALT)とのティームティーチングで行っています。教科書+アルファの力をつけることを目標としています。
② 国際協力講座
中学1年生はアフリカ地域、2年生は中南米地域、3年生は東南アジア地域をテーマとする年間各3回の講話学習を実施しています。独立行政法人国際協力機構(JICA)東北支部様より、青年海外協力隊員として活躍された方を講師として派遣していただいています。

【2】英語集中研修

将来グローバル社会に貢献できるよう、基本的な英語コミュニケーションスキルを向上させることを目的とし、スピーキングとリスニングを重点的に学ぶもので、平成30年度から実施しています。外部ネイティブ英会話講師から、一日あたり50分×5コマ、3日間で15時間のレッスンを受けます。平成30年度は、中1~高1を対象とし、特別選抜コースと特別進学コースは原則必修、他コースは希望者とし、各クラス15~21名の少人数制で、合計158名が参加しました。研修後の生徒アンケートでは、担当講師満足度、全体満足度共に4段階のうちの3段階以上が90%以上となり、予想以上の効果が得られています。来年度は高校2年生も対象となる予定です。

【3】インターナショナル・ウィーク

平成30年度から月に1週程度、昼休みに英語ネイティブ教員、高校交換留学生、英語部、海外研修参加予定者、有志生徒などが集まり、英語でのフリートーキングを楽しんでいます。ニュージーランド姉妹校の生徒・教員が来校される週はより賑やかになります。

【4】海外研修

(1) アメリカ研修

実施から33年目にあたる2016年度の第33回から全面的にリニューアルされました。研修地は同じアメリカ合衆国ですが、西海岸(オレゴン州)から東海岸に変わりました。コンセプトは「グローバルな貢献を目指して」です。以下のような2つの宿泊形態で、2つの都市を訪問します。合計16日間の研修です。参加対象は参加時に高校生の希望者。費用は65万円前後です。(個人的な準備にかかる費用は除く)

2つの宿泊形態で 2つの都市を訪問し、研修を行います
教会キャンプ
アメリカの同世代の人たちとの交流を通し、友情を育む
「校祖ゆかりの地」ペンシルバニア州ランカスター
東北学院の建学の精神を再確認する。
  • 校祖ホーイ先生とシュネーダー先生の母校フランクリン&マーシャル大学とランカスター神学校を訪問し、貴重な資料に触れながら、校祖がいかに日本の教育界に貢献したかを再確認する。
サフォーク(Suffolk)大学学生寮滞在
多国籍の環境に適応する能力を身につける
「世界の学問の中心地」ボストン
グローバルに貢献するために必要な資質・能力を身につける。
  • ハーバード大学学生のサポートを受け、グローバルに貢献するために必要な語学力、リーダーシップを身につける。
  • ハーバード大学とMIT(マサチューセッツ工科大学)の最先端研究に触れ、学生と交流し、進路選択の参考とする。
  • 最先端企業を訪問し、社会人と交流し、進路選択の参考とする。
(2) ニュージーランド研修

本校は2017年9月、ニュージーランドの中高一貫校ワイヒカレッジ(Waihi College)と姉妹校締結を行いました。この姉妹校締結は、生徒・教員が相互の学校を訪問し、交流を深めることを目的としており、具体的には、各校の希望する生徒が約2週間の短期留学を行うこととなりました。この短期留学では授業料とホームステイ費用が免除されますので、費用面でも参加しやすくなっています。5名の定員で約22万円です。(個人的な準備にかかる費用は除く)

Waihi College(ワイヒカレッジ)について

【5】外国人留学生等の受け入れ

外国人留学生等との交流により、生徒は世界をより身近に感じ、関心を向けるようになっていきますので、本校では外国人留学生等を積極的に受け入れるよう努めています。

平成28年度より高校交換留学生を本格的に受け入れています。平成28年度にはブラジル人1名、平成29年度にはドイツ人とオランダ人各1名が共に学んでいます。また、平成30年度より姉妹校のワイヒカレッジより2週間の短期留学生を受け入れることになりました。

数日から10ヶ月間程度本校に留学する生徒を受け入れるために、ホストファミリー登録制度があります。ホストファミリーを引き受けて下さるご家庭には、留学生斡旋団体より月あたり1~2万円と本校から月あたり1万円の謝礼が支払われます。ホストファミリー未経験の方々も是非ご協力をお願いいたします。

【6】海外留学制度

希望者は、所定の手続きを経て、下記のタイプの留学をすることができます。

校内で海外留学説明会も実施しますので、在校生と保護者の方はご参加ください。

詳しくは国際交流委員までお問い合わせください。

3ヶ月以内の留学
原則として3ヶ月以内で、留学先で単位を修得しないタイプです。
留学期間は複数年度に渡らないようにしてください。
部活動の大会派遣時と同様、公認欠席扱いとなります。
留学中の授業料の支払いは必要です。
対象は中学生および高校生です。
1年留学 休学タイプ
留学先での修得単位を本校の単位として認定しないタイプです。
帰国後、帰国前の学年に戻りますので、卒業が1年遅れます。
留学中の授業料の支払いは不要です。
対象は中学生および高校生です。
1年留学 単位認定タイプ
留学先での修得単位を本校の単位として認定するタイプです。(36単位まで)
帰国後、上の学年に進級します。
留学中の授業料の支払いは必要です。
対象は高校生のみです。

※費用の目安

3ヶ月留学(実質8~10週間) 100万円~
1年留学 高校交換留学(ホームステイ) 120万円~
中学校・高校私費留学 300万円~

※高校交換留学では、学費と滞在費が免除されますので費用が抑えられます。ただし、留学する国は選べますが、学校は選べません。滞在形式もホームステイのみとなります。
中学校・高校私費留学では、学費と滞在費を自分で払いますので費用がかさみます。留学する国も学校も滞在形式も自由に選べます。

【7】国際交流だより「Bridges」

国際交流委員会では、生徒全員に国際交流に関する情報を提供しています。不定期の発行です。