日本天文学会ジュニアセッションプログラムで八木君(高2)が研究発表しました

2017年03月31日

 3月18日(土)九州大学において日本天文学会2017年春季年会第19回ジュニアセッションプログラムが開催され、本高校2年の八木君が他高生徒とともに「銀河や銀河団における暗黒物質の割合」について研究発表しました。これは、八木君が東北大学主催の高校生向け天文学体験イベント「もしも君が杜の都で天文学者になったら。。。2016(もし天2016)」に参加して研究した成果として発表したものです。
 八木君の益々の活躍に期待しましょう。

※「もし天2016」のサイトはこちらです。
※日本天文学会2017年春季年会第19回ジュニアセッションプログラムのサイトはこちらです。