東北学院中学校・高等学校

生徒会・部活動

サッカー部

活動内容の紹介

中学サッカー部

これから中学校サッカー部の紹介を始めます。サッカー部はAチームとBチームの2つのチームに分かれて練習を行います。グラウンドは人工芝でナイターもあり、暗くなっても練習ができるので時間になるまでしっかりと練習が行えます。顧問の先生は加藤先生、8木先生、鈴木先生の3人と、OBの先輩達である大学生コーチがいます。

次に中学校サッカー部の目標を紹介します。1つ目は夏にある中総体で全国優勝することです。2つ目はみちのくリーグ(東北のチームで行う公式戦)を残留することです。みちのくリーグは先輩達が戦って残留してきているので自分たちも後輩につなげたいと思っています。3つ目は高円宮杯(クラブチームと戦う公式戦)の全国大会優勝です。1つ目と3つ目の大会はトーナメントで目標達成は簡単ではないと思いますが、日頃から厳しさをもって練習していけば達成できると思います。そしてサッカー部は技術向上だけではなく、挨拶、感謝、礼儀といったことを大事にして人間としての成長にも力を入れていきます。

最後に、サッカー部に入りたいと思っている新入生の皆さん、ぜひグラウンドに来てください。お待ちしています。

高校サッカー部

「全国大会出場」という目標を掲げてスタートした新チーム。我々部員一同は、この目標達成に向けて、個人やチームとして、日々レベルアップを図っています。

練習は、監督の橋本先生や外部コーチを中心として練習を行っています。練習場は県内でも数少ないナイター付きの人工芝サッカー場です。悪天候の中でも練習が可能ですし、夜でも使用することが可能です。練習は、チーム毎に2~3チームに分かれて行われ、各チームの練習内容は基礎練習、戦術練習、フィジカルトレーニング等を組み合わせて行っています。また、長期休暇期間中には、県外遠征を計画しています。全国レベルのチームと対戦することは、自分達の現状を把握出来て今後の練習課題を見つけるとても良い機会となっています。昨年のチームは、三大大会(新人大会・高校総体・高校選手権大会)において、全てベスト8という成績で全国大会に出場することは出来ませんでした。

11月に開催された宮城県新人大会において、33年ぶりに優勝し、まず1冠目を獲ることが出来ました。

次の目標としては、東北新人大会優勝、インターハイ出場、全国選手権大会出場、リーグ戦ではプリンスリーグ昇格です。そのためにも、私たちは日々の部活動を大切にし、一日一日を充実したものになるように努めていきます。東北学院を代表する運動部としての「自覚」と「誇り」を持ち、目標達成に向けて、部員一同、チーム一丸となって取り組んでいきます。