東北学院中学校・高等学校

生徒会・部活動

科学部

活動内容の紹介

中学科学部(天文班)

みなさんこんにちは。科学部天文班です。

さっそく、今年の主な活動を紹介していきます。はじめに、学校の最上階にある天文ドームでの活動を紹介します。次の日が休日などの日に、学校から特別な許可をいただいて、夜の9時30分まで観測会を行っています。観測会では、今年も月や惑星などの観測をしてきました。また、夏休みには、合宿所に宿泊して流星群の観測を行いました。今年は天候に恵まれず、あまり見ることができませんでしたが、部員が毎年楽しみにしている活動です。観測以外では撮影した天体の画像処理や文化祭で配布する栞づくりなどを行っています。

物理地学教員室前の掲示板には、月ごとの活動予定や内容などが掲示されています。興味のある人は、どうぞ、遠慮せずに訪ねてみてください。

高校科学部(天文班)

みなさんこんにちは。科学部天文班です。私たちの部活についてお話しします。

天文班では、翌日が土休日などの日に、学校から特別な許可をいただいて、夜の9時30分まで行う観測会をしています。この観測会では、月や木星、土星、早めに集まった時には太陽を観測しています。4階の天文ドームには30センチメートルの望遠鏡があり、よりきれいに撮影することができます。

また、物理室で週に一度のペースで行う活動では、撮影した天体写真の画像処理や、学院祭などで配布するしおりやポストカードの作成などを行います。

夏休みには合宿所に宿泊してペルセウス座流星群の観測を行いました。今年で7回目となり多くの部員が参加しました。今年は天気に恵まれませんでしたが、その分部員同士の関係を深めることができました。

天文班は、先輩、後輩、先生方共に明るい部活です。設備も整っているので、楽しく充実した部活になること間違いナシです。物理地学教員室前の掲示板に、月ごとの活動予定や内容などが掲示されています。天文に興味のある人もない人も、一度でいいのでぜひ見学に来てください。

中高科学部(生物班)

皆さんこんにちは!科学部生物班です。

我々生物班は中高合同で活動しています。顧問は小島紀幸先生です。

次に、活動内容について紹介します。現在は研究班と園芸班に分かれて日々活動しています。

研究班は、様々な生物を扱った研究に取り組んでおりますが、これまで自分が研究してきたことを続けていくこともできます。今注目しているのは、センチュウ(C.elegans)です。センチュウは他の動物よりも特に聴覚に優れており、健常者とガン患者の尿の匂いを見分けることが高い確率でできることから、医療面においても注目されている生物です。我々はその特性に注目し、主に様々な物質の匂い成分が行動や寿命に及ぼす影響について調査しています。また学院祭では毎年蜂蜜の販売を行っています。

他にも生物班での活動は、将来理科系大学に進学し、研究に携わる方々にとっては、大変いい経験になり、思い出に残る6年間または3年間を過ごせることに間違いありません。この記事を読んで興味をもち、生物班に入部を希望されている方々は、生物教員室にお越しくださるか、周りにいる生物部員に話しかけてください。皆さんの入部をお待ちしております。

【最近の活動実績】

高校科学部(園芸班)

まず、主な活動内容は花壇(ホワイエから見えるところ)の植え替えを春と秋やるのと、水やりすることです。水やりについては年中やりますが、特に夏は多いです。主な活動をまとめると、春に植え替え、夏に水やり、秋に植え替え、冬は活動自体が減る。ということになります。

部活の雰囲気としては、昔からゆるーくやってる感じですが、植物が好きな人が集まっているので部活に来ない人はいなく、活動するときはしっかりやり、遊ぶときは遊べる、けじめのついた雰囲気です。

入部については、2018年時点で高3生しかいないので心配ですが、気になったらとりあえず仮入部からでも、顧問の高橋和也先生にお声掛けください。