東北学院中学校・高等学校

生徒会・部活動

囲碁・将棋部

活動内容紹介

中学囲碁・将棋部

これから囲碁将棋部の紹介をします。

囲碁・将棋部は約30人と顧問の渡邊和也先生と高橋裕一先生の指導のもと、平日はほぼ毎日活動しています。昨年は宮城県将棋大会団体戦1位や個人2位、高校の宮城県新人戦2位などすばらしい成績を残すことができました。

将棋は他のゲームが歴史とともに変化している中、江戸時代に日本に入ってきてからほとんどルールが変化していません。このような日本古来の伝統文化を気軽に楽しくふれることができます。しかも勉強する時間もしっかりと確保することができ勉強と部活の両方をバランスよく上達できると思います。僕も中学1年生のときに、駒の動かし方もおぼつかない状態で入部し、1年ほどで大会でも勝ち越しできるようになるまで上達し、勉強でも好成績をとることができています。それでも不安な人も大丈夫です。強い先輩方が丁寧に優しく指導してくださるので安心してください。30分くらいでもいいので見学に来てみてください。

高校囲碁・将棋部

みなさんこんにちは、囲碁将棋部です。私たちは、顧問の渡辺和也先生および高橋裕一先生の下で高校生と中学生、合わせて総勢約30人で毎日活動をしています。

活動は月~金の放課後から6時まで主に部内リーグ戦、詰碁や詰将棋などを行って日々鍛錬を積んでいます。月に1、2回大会に出ることができ、皆実力を発揮して入賞した部員も多くいます。

話が変わりますが、2018年は藤井聡太7段が最速・最年少・最高勝率で通算100勝を達成するというとてもすばらしい事を成し遂げました。それに触発されて部員同士で磨きあって実力をつけていっています。

在校生および新入生の皆さん、もし将棋や囲碁を始めてみたい方や強くなりたい方、顧問の和也先生か裕一先生に声をかけるか部室棟2階までぜひ来てください。部員一同、新入部員を心からお待ちしています。

〈主な実績〉