東北学院中学校・高等学校

生徒会・部活動

硬式野球部

活動内容の紹介

高校硬式野球部

私たち硬式野球部は、2年生24人、1年生23人で活動しています。私たちの特徴は、自分たちで考えて練習を作るということです。顧問の先生方からアドバイスをもらいながら、今の自分たちに必要なことを話し合い、練習を作り上げています。加えて、全体ミーティングを開いて色んな人が意見を言い合う場を設けています。全体で話し合いの時間を取ることで、一人一人が自分も野球部の1員としての責任を改めて感じる場にもなっています。

私たちが周りからどう見られているかわかりませんが、もし「硬式野球部は厳しい」という印象があるなら、それは違います。自分たちで考えてやるからこそ、そこには責任がついて周ります。それは、大変だし難しいことでもあります。しかし、それは厳しいことでも苦しいことでもありません。時には、失敗することもありますが、自分たちで行動し成功することで、それが自信へとつながります。

秋の大会では、ベスト16敗退という結果で終わりました。自分たちの目標は、「甲子園出場」です。しかし、簡単なことではありません。短い練習時間の中で、個人としてもチームとしても成長するために何が必要なのかを考え、いかに自分たちが欲に負けず、野球に対し本気で向き合うことが出来るかだと思います。自分で考えて、工夫し、改善していく姿勢は野球を通して多くのことを学ぶことが出来ます。努力を惜しまず、学院史上初の「甲子園出場」を成し遂げたいです。